読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

波導は我にあり

構築記事やポケモンの考察のメモなど

【単体考察】メガガルーラ【サンムーン】

今回はガルーラの考察。

7世代でも戦えるスペックがあることはレートやSDをやってる人なら分かるだろう。火力が下がったなどは当然として、レート&SDを回していて気になった点があり、それは『カプ・テテフ』との対面だった。特性「サイコメイカー」によりガルーラお得意の猫不意が使えずに臆病や控えめスカーフ個体には1発ダメージを受けなくてはならないので、サイコキネシスを耐えても捨て身タックルの反動で1.1交換を取られてしまう。それを避けるための調整を施したのが今回の考察である。

メガガルーラ 

f:id:sheik_poke:20161130221653g:plain

性格 意地っ張り 

実数値 191(84)-177(124)-121(4)-x-126(44)-152(252)

技 猫だまし 捨て身タックル じしん 不意打ち

攻撃は陽気の火力を維持しつつ、控えめテテフのサイコキネシス+捨て身タックルの反動を最高乱数切って耐える。仮に臆病眼鏡のサイコキネシスでも最高乱数を切って耐え、流石に反動は耐えないが返しの捨て身で倒せるようにもなっている。

Sは準速テテフ抜きにでもしようと思ったが準速サザンも一定数おり、ミラーにも可能性を残す252振りにした。

火力が下がり、猫捨て身で縛れるやつには縛れて縛れないやつにはどうせ2回捨て身を打たないといけないのでAを削った弊害もそこまで見られずある程度耐久も持った割といい調整なのではないかと思った。まあ初期の考察なのでテテフの個体数の低下などに左右され本当に強い型なのか分からないが、とりあえずシーズン1はこれで行こうと思う。 

 

質問等あったらここまで Twitter @SHEIK_Lucario